日経平均先物と釣り人と桃太郎(タイトル)
◆ 日経225先物売買とは!?
日々の短期売買は過酷でありますが、釣り人と桃太郎頑張って書いていきます。
そしてトレンドに関しても私は先物で挑戦し、桃太郎はオプションの売りという戦略で戦っております。
2人とも20年近く証券会社に在籍しておりました。読者の皆さんにとって参考になることあるかと思います。 よろしかったら会員ページ遊びに来てください。沢山のことを書いていきます。

【釣り人の売買】
約定するであろう値段に対して指値の連絡を5分以上前に行なうようにしております。 決済指値についても同様であります。指値変更の場合は忙しい時もあります。
新規約定は実際に釣り人注文出しておりますから約定出来たことを伝え、 ロスカットに関してはタッチ商いでのロスカットという極めてシンプルで個人投資家の方にとっては売買しやすい解説となっております。 それだけではなく、ポジションの状態、つまり枚数についても事細かく書いております。
上限ミニ10枚であり、オーバーナイトする時はミニ3枚とかミニ2枚とかザラ場中に書きます。

※会員さんは電話相談も受け付けております。

先物のことに関してのみならず、株のこと、あるいは投資信託のこと、ご相談があればお待ちしております。 どうぞご利用ください。

2010/12/10

日経225ミニが始まり、現在釣り人は日経225ミニの値段、そして板の状態をみながら解説を入れています。
5円刻みの売買が出来るということは、私が証券会社で先物の売買を行ったときは、ラージでの売り買いだけでしたから、一カイ二ヤリに悩んだときもありました。
つまり、板が厚く110円で買ったら、100円でしか投げることが出来ませんでした。
ところが、日経225ミニの売買ですと110円で買い、105円で処分することが可能です。
この差はものすごく大きいです。

それと、日経225ミニが始まり多くの個人投資家が先物市場に参入されています。
先物売買とは、どんなものなのか?
釣り人だったらこのように考えますということをページで毎日書いていきます。

それと、釣り人のシミュレーション売買ではありますが、基本的に買える値段或いは、売れる値段での紹介となります。
(シミュレーション売買と断っていますが、実際には多くの場合、売買をいれています。ただどうしても海の書き込み途中であったりすると自分の売買が忙しくてできないときがあります。それでもポイントだと思うときは、ページで書き込むということです。)
板を見ながら売り物があったら、その売り物を買う。
或いは、買い板があったらその買い板に売りをぶつける。
このような書き方となります。
もちろん、連絡が遅れて値段が動くことはあります。
それはご理解下さい。

ロスカットにしても、すべて書き込みます。
先物売買とはどのようなものか?
お考えの方は一度覗いてみられてはいかがでしょうか?
よろしくお願いします。

2007/12/06

◆ 釣り人 2007/12/06(木) 09:54
日経平均先物、ミニ現値815
長い時間となりましたが、なんとか利確。+50

◆ 釣り人 2007/12/06(木) 09:09
日経平均先物ミニ現値850
-----------------------------
ポジション:865売り
決済注文:815買い。
-----------------------------
見てみます。

◆ 釣り人 2007/12/06(木) 09:01
日経平均先物ミニ現値865
売ります。損20

上記内容は日経225ミニの値段が9時1分において15865円であるということを伝え、時価で売ったことを書いています。
【損20】とは、ロスカット幅を20円で考えているということを伝えています。
次に9時9分の書き込みは、その時の値段が15850円であるということを伝え、ポジションは15865円で売り持ちとなっていること。
それに対して買い決済の注文を15815円で入れていあるということを書いています。
そして最後に、9時54分において、ロスカットになることなく、15815円で買い決済となったことを伝えています。
だいたい、このような書き方になっています。

【7月3日9:49掲載】
現在のところ投資顧問業を取っておりませんので、売買に関して助言を行なうということはありません。
私が思うことを淡々と書いていくだけのページです。
当たり外れがあるのは、当たり前のことですね。

まず、料金なんですが、一月1万5000円となります。
釣り人は証券マン時代、とてつもない枚数の売買を委託していました。

先物に関しては、そんなに上手じゃないかもしれませんが、先物の魅力とその恐さはどの証券マンよりも肌で感じていたと思います。
ページの構成は、淡々とした短い文章で終わります。

釣り人

Copyright (C)2006 balance. All Right Reserved.