野崎雄矢が225先物とオプションを鋭く読み解く!

お問い合わせ

商品とリスクの説明

先物取引の魅力

日経平均先物取引の対象は株価指数となります。日経平均先物やミニ先物が存在します。証拠金取引で買いからでも売りからでも入れます。個別銘柄選びの必要がなく倒産や上場廃止といったリスクはありません。

オプション取引の魅力

オプションとは「権利」のことであり、オプション取引とは、将来の決められた期日(満期日)にあらかじめ決められた価格(権利行使価格)で原資産を買付ける、または売付ける「権利」を売買する取引です。原資産を「買う」権利のことを「コールオプション」、「売る」権利のことを「プットオプション」といいます。

リスクについて

株価指数先物・オプション取引の価格は、対象とする日経平均株価指数の変動等により上下しますので、これにより損失が発生することがあります。市場価格が予想とは反対の方向に変化したときには、短期間のうちに証拠金の大部分またはそのすべてを失うことがあります。

株価指数先物取引は取引金額が差入れる証拠金の額を上回るため、市場価格が予想とは反対方向に変化した場合には差入れた証拠金の額を超える損失が発生する可能性があります。

株価指数オプション取引の売り方は取引金額が差入れる証拠金の額を上回る場合があり、市場価格が予想とは反対方向に変化した場合の損失が限定されていません。

オプション取引は、元本及び利益が保証されているものではありません。
買い手は支払ったプレミアム全額が損失になる可能性があります。
売り手は相場が予想に反して動いた場合、証拠金を現金で追加差し入れしなければならない場合があります。また損失が証拠金以上に膨らむ可能性があります。
相場の変動により、相手になる注文が少なくなり、思った値段で取引が出来なくなる可能性があります。
銘柄によっては日経平均株価の変動と比較し、プレミアムが大きく変動いたします。

このページのトップへ