野崎雄矢が225先物とオプションを鋭く読み解く!

お問い合わせ

無料情報

バックナンバー

2/22(水)大引けコメント

2017/02/22(水) 15:17

■後場の日経動向■
・日経平均=19,379円(前日比▼1円)売買高約2.1兆円
・値上がり数906値下がり数920
・騰落レシオ25=118% 10=135%
・25MA乖離0.9%
・TOPIX=1557p(前日比1p)
・225先物=19,390円(前日比10円)
・対米ドル113.54円、対ユーロ119.65円、対豪ドル87.27円(15:15分現在)
■日経トレンド⇒持ち合い ■基本スタンス⇒持続●

⇒ドル円は日足75MA手前で足踏みとなり1h足で75MA接近の調整中。米国時間外も▼4pで少し弱いだけで暗雲立ち込めず問題無し。
・午後からの日経は大きく戻すことなく陰線引けとなり持ち合い上限付近。ドル換算もトレンドは維持しているがNYが8日続伸とは行き過ぎであり短期的な過熱感もあるが政策発表前に下げが続くとも思えませんね。

このページのトップへ

2/22(水)お昼コメント

2017/02/22(水) 11:32

■前場の日経動向■
・日経平均=19,345円(前日比▼36円)売買高約1兆円
・値上がり数768値下がり数1058
・騰落レシオ25=116% 10=130%
・25MA乖離0.9%
・TOPIX=1554p(前日比▼1p)
・225先物=19,330円(前日比▼50円)
・対米ドル113.36円、対ユーロ119.62円、対豪ドル87.22円(11:30分現在)
■日経トレンド⇒持ち合い ■基本スタンス⇒持続

●ドル円は日足75MAが上値抵抗となり1h足で3度の頭打ち。一旦1h足ベースで押してもいいし上抜けるなら日足チャート自体もかなり好転することになります。

●米時間外動向は▼5pで弱い。NY騰落レシオは120%付近。

●日経は19,419円で続伸スタート。ただし寄り天となり安値19329円の陰線で持ち合い上限接近で足踏み。ドル円は日足75MAが上値抵抗化しており1h足では75MAまでの調整に入っている様です。株高でもドル円がついてこなければ日経の上値は限定されます。NYは強いですが日本市場の状況は連動性が薄れていると言われていますが円安がないと厳しいものがあります。


●アービトラージ<サヤ取り>2月損益0千円
⇒日経買いTOPIX売りを試してもいい。ただトランプ演説前ではねぇ~。
■現在のポジション■
・なし
●<225OP>3月SQ損益73千円
⇒コール売りたいですね。今日一服でまた週末に掛けて上げてくると思うので待ちます。
■現在のポジション■
・3p+4p等
◎今日の自分への一言◎
遅いということはない。やる気の問題です。

このページのトップへ

30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/02/22(水) 09:38

おはようございます。

連休明けの米国市場は続伸!
主要3指数は史上最高値となった。
そしてNYダウは我々が皆様にお伝えしたように20800ドルに近づいて来た。
これにより我々は本日から全てを売るわけにはいかないが、本拠地米国市場にて値上がりしているものに関しては売り上がり方針。
利食い売りを出し始め、また下がった時に買い付ける資金なり、万が一休まず更なる上昇を遂げてしまった際への資金を作ることに専念。
こうなると皆様に一番大切な東京市場であるが日経平均は19500円を突破することができるのか?間違いなくマーケットの雰囲気は悪くないはず。ただ主力株の売買代金が薄商いで我々も残念でならない。
その代わりに新興市場は強い展開が垣間見れており引き続き堅調に推移するだろうし、恐らく春先までこの新興市場の流れは継続すると考えている。


本日の先物レンジ
19・・・~19・・・円
売り方は売りたくなる水準。
この位置でもみ合えば面白い展開はありそうだ。

このページのトップへ

2/22(水)朝コメント

2017/02/22(水) 07:47

・NYダウ=20743ドル+118(0.58%)
・NASDAQ=5865p+27p(0.47%)
・上海=3253p(0.41%)
・シカゴ225先物=19445円(65円)
・対米ドル113.64円、対ユーロ119.77円、対豪ドル87.26円(7:10分現在)

<コメント>
NYは8日高値更新で原油も年初来高値。NYの騰落レシオは120%で過熱域だが目先角度を保っている。独も高値更新となっており上海も12月高値に迫り世界市場揃っての株高となっています。
勿論、トランプ政策によるものが大きいがドル円に関しては慎重な動きを継続しています。あくまで12月から円高方向に大きく下げての底固め中であり切り返したレベルではありません。週足でもトランプ円安の1/3押し状態で押し目となるのか大変大事な局面。
株式市場についていくというより為替市場を睨んだ上で方向性を確認したがいいかと思っています。

このページのトップへ

後場コメント

2017/02/21(火) 14:07

本日急用が出来ましたので途中経過でお知らせいたします。
日経は前場高値更新し19394円となり5MA買いシグ点灯。ダウ的にも日足で切り上がってきておりTOPIX共にいい感じ。勿論、トランプ政策次第なんでしょうがポジティブにせよネガティブにせよ大きく動くことは間違いない。
ドル円はしっかり円安となたが4h足で半値戻りとなっており戻り一杯の可能性も出てきた。トランプ演説前に方向性が出ることはないと思っているので行ったり来たりの今週でしょう。

このページのトップへ

2/21(火)お昼コメント

2017/02/21(火) 11:33

■前場の日経動向■
・日経平均=19,339円(前日比88円)売買高約0.7兆円
・値上がり数1046値下がり数768
・騰落レシオ25=117% 10=138%
・25MA乖離1.0%
・TOPIX=1552p(前日比5p)
・225先物=19,330円(前日比80円)
・対米ドル113.54円、対ユーロ120.14円、対豪ドル87.11円(11:30分現在)
■日経トレンド⇒持ち合い ■基本スタンス⇒持続

■今の見解■
このまま28日トランプ演説と政策発表迄は調整し、その後はボラタイルな展開を予想。

ドル円は1h足で戻りのサインは点灯したまま75MA突破。やはりあのサインは凄いね。日足ではトランプ政策によって二番底確定となるんでしょう。

○米時間外動向は1pで堅調。NY騰落レシオは120%付近。

○日経は19,267円で続伸スタート。高値19366円の5MA奪還する陽線ですが、なんせ商い少な過ぎ
トランプ政策で株高円安という見方が大多数を占めているだけに逆に軽いショックが起きた所はチャンスかと思います。

このページのトップへ

30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/02/21(火) 09:56

おはようございます。

日経平均は為替動向にらめっこ!まして短期的な観点からだとフランス大統領選など不透明感がありもみ合い必至と思われる。
ただ東京市場を見ていると目立つのは中小型株の商いは活況。
また割安に思われる銘柄や人気株には資金が向い短期資金流入が継続しているように思われる。
そこで今朝は我が社が保有する割安リストから『7。。。』を取り上げたい。
NYもそうだが米国以外、世界的に日本食ブームは相変わらず続いている。
同社の主力水産物販売は輸出が拡大し今後ますます世界に向けて『日本食ブーム』は拡大していくだろう。
また国内では皆さんお気付きだろうか?肉は近年日本は安くなったようだが、魚はここ数年着実に値上がりしている現実。
それらを考え同社の企業ポテンシャルを考えると200円台は割安である。


本日の先物レンジ
19・・・~19・・・円
焦る必要はないと思われる。
ますますな個別銘柄物色相場となるだろう。

このページのトップへ

2/21(火)朝コメント

2017/02/21(火) 07:17

・NYダウ=休場
・独=0.60%
・上海=3239p(1.18%)
・225先物夕場=19270円(20円)
・対米ドル113.09円、対ユーロ120.00円、対豪ドル86.85円(7:10分現在)

<コメント>
・NY休場だとドル円も膠着してしまい1h足では綺麗に横並びとなる展開。
ギリシャ問題が再浮上している様ですがショックが起きるとすれば中国又は欧州発というのは外せない事実だと思うので驚きはない。
今年はオランダを筆頭に選挙目白押しであり英国に続く離脱国誕生となるならEU解体という流れに拍車が掛かることになります。
ここにきてトランプ氏の二枚舌があらためて議論されていますが外交に関しては柔軟な姿勢を見せていることから28日の演説には注目が集まりますね。
個別株に関しては配当性向の高い個別銘柄は動いていない時に探しておきましょう。

このページのトップへ

2/20(月)大引けコメント

2017/02/20(月) 15:16

■後場の日経動向■
・日経平均=19,251円(前日比16円)売買高約1.7兆円
・値上がり数1057値下がり数783
・騰落レシオ25=104% 10=115%
・25MA乖離0.6%
・TOPIX=1547p(前日比2p)
・225先物=19,250円(前日比50円)逆ザヤ
・対米ドル113.14円、対ユーロ120.06円、対豪ドル86.84円(15:10分現在)
■日経トレンド⇒持ち合い ■基本スタンス⇒持続

ドル円は1h足で戻りのサイン点灯。日足でも陽線になっており一気にと言いたい所だが政策出ないと日足では持ち合いが精一杯
米国時間外は▼3pで少し弱いだけで多少の反落はあっても月末までNYは持ちこたえれるんだと思います。
・午後からの日経は日銀買いと思われる上げ方で19,274円まで上昇する陽線。雲上限と25MAで反発した形となっていますしドル換算の日経もトレンドを維持しているので明日も続伸なら形的には大変よくなります。しかし商いは1.7兆円と閑散であり政策待ちという雰囲気が強いのが事実。
お昼も書きましたが期待が大きいだけにハシゴを外された時のショック安は考慮しておいてください。



このページのトップへ

2/20(月)お昼のコメント

2017/02/20(月) 11:32

■前場の日経動向■
・日経平均=19,207円(前日比▼27円)売買高約0.8兆円
・値上がり数698値下がり数1146
・騰落レシオ25=104% 10=115%
・25MA乖離0.4%
・TOPIX=1542p(前日比▼2p)
・225先物=19,210円(前日比10円)
・対米ドル113.12円、対ユーロ120.02円、対豪ドル86.77円(11:30分現在)
■日経トレンド⇒持ち合い ■基本スタンス⇒持続

■今の見解■
このまま28日トランプ演説と政策発表迄、横ばい気味での調整を続けて上なのか下なのかという所。

ドル円は1h足で戻りのサイン点灯近し、日足的にも二番底固め中。

●米時間外動向は▼3pで少し弱い。NY騰落レシオは120%付近。

●日経は19,161円で続落スタート。雲上限がサポートしている感じですが月末までは2/7の18805円を割らない程度の下落なら許容範囲。75MAは上向きてすが週足ではかなり煮詰まっており月足でも数カ月上昇してきた上で2カ月横ばいという印象なので一旦下に数カ月調整あってもおかしくない。
期待が大きいだけにハシゴを外された時のショック安は考慮しておこう。

このページのトップへ

30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/02/20(月) 10:06

おはようございます。

為替がややドル安となっていることから日経平均はもみ合いとなりそうだ。
ただここでの決算を分析すると来期のEPSは1300円程度まで上昇する見込みとなりそうだ。この事を考えると日経平均は19500円が目先壁となっており為替が対ドル115円を超えてくると日経平均は19500円を突破してきそうだ。
ただ日経平均はここから大きく下落するのか?
そこで、我々としては日経平均が18800円を下回ってくれば買い!と予想している。

本日の先物レンジ
日本市場も為替をだんだん織り込むはずだ。

19・・・~19・・・円
個別銘柄勝負だ。

このページのトップへ