野崎雄矢が225先物とオプションを鋭く読み解く!

お問い合わせ

無料情報

バックナンバー

海外動向

2017/01/21(土) 09:52

・NYダウ=19827ドル+94(0.48%)
・NASDAQ=5555p+15p(0.28%)
・独=0.29%
・上海=3123p(0.70%)
・シカゴ225先物=19135円(▼5円)
・対米ドル114.57円、対ユーロ122.57円、対豪ドル86.58円(7:00分現在)

<コメント>
・トランプ演説に目新しいものはなく株高ですが円高。NYは持ち合い崩れを避けることが出来ましたが、サプライズがなかったことでハネムーン相場に入ることが出来るのかに焦点。
シカゴはNY高よりも円高に影響受けてマイナス引けとなっていますが、自主性のない日本市場にとってはNYが堅調であるかが鍵なんでしょう。
TPP頓挫が現実的になったことで関連株が売られる可能性も再浮上。
ドル高政策の中、日本は内需というより外需で利益を獲得出来る企業にしか投資妙味は出て来ないのかもしれないね。
ドル円は日足で戻り売りの形のままだが1h足では止まり易い位置。ただ4h足で直下のMA等を割ってくれば再び日足は75MA接近と見たがいいでしょう。ここを割れてくれば急激なドル高相場はレンジに入るのではとみています。

このページのトップへ