無料情報

バックナンバー

大引け概況

2018/12/18(火) 15:37

■日経平均      21,115.45(-391.43)

■東証1部出来高    16.25億株

■東証1部売買代金   2.5兆円

■日経平均先物    21,070(-380)

■TOPIX        1,562.51(-31.69)

■騰落        上昇132/下落1,982

■マザーズ指数    875.76(-35.82)

■日経JQ       3,371.08(-65.46)

■ドル円       112.58
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は大幅反落しました。前場は売りが優勢となりました。前日の米株安や円高ドル安進行を嫌気し大幅安でスタート。時間外取引の米株価指数先物の上昇や上海株の下げ渋りを受け下げ幅を縮小しましたが、前引けにかけて売り直される展開となりました。
 後場は、円の強含みや中国・アジア株安を嫌気し売りが先行。米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に積極的な買いは見送られ、安値圏で推移しました。

 業種別では、全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、医薬品、サービス業、その他製品となりました。

 TOPIXは反落、マザーズ指数、ジャスダックは続落しました。

■釣り人(原)
ここ2~3日ちょっとぐずついた運用成績となっています。
下げ止まりと上げどまりが少しずれているというのも事実なんですが、このズレが発生するとしっかりとした利幅が出てきません。
明日解説しやすい相場になることを期待します。

このページのトップへ

14時の概況

2018/12/18(火) 14:01

■日経平均      21,145.70(-361.18)

■日経平均先物    21,060(-390)

■TOPIX先物      1,559.50(-28.50)

■騰落        上昇156/下落1,943

■日経JQ       3,372.46(-64.08)

■マザーズ指数    880.77(-30.81)

■ドル円       112.54

■NYダウ夜間先物  +84

■上海総合指数後場の寄り付き 2,568.44 前日比-29.54 -1.14%

■指数大型      現値1,440.71  前日比-22.86

■指数中型      現値1,873.71  前日比-36.32

■指数小型      現値2,903.31  前日比-72.55

このページのトップへ

前引け概況

2018/12/18(火) 11:48

■日経平均      21,242.66(-264.22)

■東証1部出来高    8.13億株

■東証1部売買代金   1.16兆円

■日経平均先物    21,200(-250)

■TOPIX        1,573.66(-20.54)

■騰落        上昇222/下落1,861

■マザーズ指数    889.92(-21.66)

■日経JQ       3,390.22(-46.32)

■ドル円       112.67
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は大幅反落しました。前日の米株安や円高ドル安進行を嫌気し大幅安でスタート。時間外取引の米株価指数先物が強含み、上海株が下げ渋ると下げ幅を縮小しましたが上値は重く、マイナス圏で前場取引を終えました。

 業種別では、ほぼ全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、鉱業、その他製品、医薬品。一方、値上がりしたのは、鉄鋼のみとなりました。

 TOPIXは反落、マザーズ指数、ジャスダックは続落しました。

■釣り人(原)
値動きが私の見方に当たれば値幅はとれるのですが、もうひとつ不安定だなという昨日、本日であります。
もう少し釣り人に合った値動きとなれば果敢に攻めていきます。

本日より毎年恒例の新春キャンペーンをスタートしました。弊社ページの一番上にバナーがありますのでご応募をお待ちしております。
日経平均先物の寄り付き値ではなく、日経平均株価指数の寄り付き値であります。

このページのトップへ

上海総合指数の現在の気配は-0.55%

2018/12/18(火) 10:25

上海総合指数 2,583.63 前日比 -14.34 -0.55%

このページのトップへ

10時の概況

2018/12/18(火) 10:02

■日経平均      21,221.87(-285.01)

■日経平均先物    21,140(-310)

■TOPIX先物      1,566.00(-21.50)

■騰落        上昇160/下落1,939

■日経JQ       3,388.77(-47.77)

■マザーズ指数    889.03(-22.55)

■ドル円       112.75

■NYダウ夜間先物  +136

■指数大型      現値1,445.18  前日比-18.39

■指数中型      現値1,880.41  前日比-29.62

■指数小型      現値2,919.81  前日比-56.05

このページのトップへ

30億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2018/12/18(火) 09:42

おはようございます。

来るべきして来ているこの下落!
残念ながらここから下がることも想定ない。
皆様には残念ながらと既にお伝えしているはずだ。
もみ合いか下値模索と・・・・
そして来年2月のSQまでは日本株投資への縮小と。
昨日だって日経平均は何故素直に下がらないのか?と少し疑問に思った次第であったが・・・・・。
ただ中身を見れば見るほど現状の株価位置は酷いものだ。
チャート的にも下を向いている銘柄が多く下値遊びしているような銘柄ばかり。
ここから更にもう一段下落してくると今年買った投資家の大半の銘柄が相当な含み損となりクリスマスどころじゃない。
ともかくここは冷静にと。
この言葉を10月から何回使ったことか。
結局、短期的な視点でマーケットに挑まねばならない環境。
焦ったところで何も意味がない時間軸。
師走相場は...

~以下会員ページ~

このページのトップへ

釣り人(原)

2018/12/18(火) 08:43

日経

日経

日経

■釣り人
おはようございます。日経平均先物の現在の気配は21080前日比370円安のところ。ドル円112.77、FOMCの発表を明日に控え、円高への振れとなっております。最もNYダウが大幅安したことが原因ではありますが、NYダウ507ドル安、12月の安値更新となりました。週足チャートで三段下げに入ったなという感覚であります。NYダウに関してはあまり強気なことは伝えていません、ナスダック-156、こちらも週足チャートでは三段下げに入っております。三段下げというのはいずれ止まればそこそこの反発があるという見方、そのような見方を持ち始めるということです。まず言えることは先週発動しました「イルカの買い線」の起点21120円が破られるということ。発動直後、700円近く上昇しましたがそれまでであったということ、次なる買い線を探すこととなります。昨日、もし安ければ本日が買い場になるかもしれないとのコメントをしました。ところが昨日反発したため、ワン・ツー・スリーの投げのリズムは発生しません。用心して指数の動きは見ることとなります。前日、~以下会員ページ~

このページのトップへ

本日の予定

2018/12/18(火) 08:27

■国内(18日)
20年国債入札

《決算発表》
ツルハHD

■海外(18日)
独12月Ifo景況感指数(18:00)
FOMC(~12/19)
米11月住宅着工件数(22:30)

《米決算発表》
フェデックス、マイクロンテクノロジー

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)

このページのトップへ

おはようございます

2018/12/18(火) 08:24

■NYダウ
 23,592.98 -507.53
■ナスダック
 6,753.73 -156.93
■CME225(円建て)
 21,085 -365(大証比)
■ドイツDAX
 10,772.20 -93.57
■上海総合指数
 2,597.97 +4.23
■ドル円
 112.81

 17日のNY市場は下落。米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を見極めたいとの思惑から持ち高を整理する動きが広がり、取引終了にかけて売りが強まる展開に。主要3指数はいずれも2%を超える大幅な下落となりました。
セクター別では全面安となり、特に家庭用品・パーソナル用品や不動産の下落が目立ちました。
ADRの日本株はトヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、NTT<9432>、ソニー<6758>、ファーストリテ<9983>、三井住友<8316>、任天堂<7974>、キヤノン<7751>、HOYA<7741>、TDK<6762>、日東電<6988>など、対東証比較(1ドル112.83円換算)で全般軟調でした。

このページのトップへ