無料情報

バックナンバー

前引け概況

2019/10/18(金) 11:42

■日経平均      22,576.96(+125.10)

■東証1部出来高    5.11億株

■東証1部売買代金   0.91兆円

■日経平均先物    22,560(+100)

■TOPIX        1,626.93(+2.77)

■騰落        上昇1,300/下落716

■マザーズ指数    844.85(+7.53)

■日経JQ       3,430.45(+14.07)

■ドル円       108.59
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。
 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、ガラス土石製品、鉄鋼、繊維製品でした。一方、値下がり上位は、食料品、ゴム製品、情報・通信業となりました。

 TOPIXは反発、マザーズ指数、ジャスダックは続伸しました。

■釣り人(原)
中国の経済指標の発表で買いと出た10分間でしたが、その後押し戻されています。
売り方の残高が多いため、あるいは売ろうとしている投資家が多いため乱高下しています。
後手後手になっておりますが売買を続けていきます。

このページのトップへ

上海総合指数の現在の気配は+0.17%

2019/10/18(金) 10:25

上海総合指数 2,982.34 前日比 +5.01 +0.17%

このページのトップへ

30億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2019/10/18(金) 09:07

おはようございます。

日経平均も10月になってようやく年初来高値を更新したが新興市場がパッとしないと。
それは米国市場も少し似たようなものだ。
では何故か?説明すると長くなるからここでは。
また彼にお伝えしておくが、もう少しすれば帰ってくるのでは?と予想する。
帰ってくるはずだアクティブファンドが(笑)
株価も安くなったしな!
さて、今朝は私が信頼している日本株のアナリストから。
成長株で業績は上振れ。
来期は売上高は過去最高となるだろう。
株価が余りにも安くTOBしても十分利益があがりそうだと。
配当16円 利回り3.9%
また今回の台風などの影響を考えて「改修改装工事」を得意とし、建築仕上げ材、下地材、塗料仕上げの大手。
〇〇××を言っていた。
2015年高値708円。この株価を超えてもおかしくないと。


本日の先物レンジ
週末だからとあまり気にする必要はない。
上がれば少しは調整する時間軸に入るが、調整の時間軸に入る前にもう少し上昇してから(笑)
無理はしないで上値遊びで良いが。

このページのトップへ

釣り人(原) 本日の相場予測

2019/10/18(金) 08:34

日経平均先物

NYダウ

おはようございます。
日経平均先物の現在の気配は22510、前日比50円高のところです。

ドル円 108.57
大きな動きではないですが前日から見ますと円高。

NYダウ 23ドル高
10月の初めに日足で三段下げという話をしたかと思いますが、その安値からみますとまだ二段上げの途上。

ナスダック 32ポイント高

昨晩英国と欧州連合の離脱条件で合意というニュースが流れました。
瞬間NYダウ夜間や日経平均先物が買われたのですが、10月末の離脱ではイギリス議会で過半数の賛成を得る必要があるため結局様子見となっています。

新聞で台湾の半導体業界の回復が鮮明になってきたという内容が掲載されています。
ご存じのように景気の先行き不透明感で各国とも低金利政策をとっているわけですが、来年にかけて景気が回復するとみているところは少なくありません。
つまり、今の上昇は金融相場だとみることができます。その後に本当に業績相場が訪れるかどうかこれを確認していくことになります。
中長期的には大丈夫だろうと考えておりますが、目先は下振れが起こってもおかしくない日足のリズムだと考え解説しております。

しかしながら下がらない日経平均です。ひとつは、以前からお伝えしていますが、裁定取引の残高がすごく少ないです。4240億円。通常は2兆円前後あってもおかしくない状況です。つまり、裁定取引の解消売りが出づらいということ。
昨年9月末は2兆5600億円ありました。そこからどんどん日経平均の下落とともに激減し、厳しい年末の下げとなりました。この残高が昨年とは決定的に違います。その辺りを考えて解説していきます。
(昨年の暮れは私は警戒を伝えていたため難を逃れた読者の方は多かったと思います)

このページのトップへ

本日の予定

2019/10/18(金) 08:07

■国内(18日)
9月消費者物価指数(8:30)

■海外(18日)
中国7-9月期GDP(11:00)
中国9月固定資産投資(11:00)
中国9月鉱工業生産(11:00)
中国9月小売売上高(11:00)
米9月景気先行総合指数(23:00)

《米決算発表》
アメリカン・エキスプレス、コカ・コーラ

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)

このページのトップへ

大引け概況

2019/10/17(木) 15:26

■日経平均      22,451.86(-21.06)

■東証1部出来高    11.14億株

■東証1部売買代金   1.92兆円

■日経平均先物    22,460(-30)

■TOPIX        1,624.16(-7.35)

■騰落        上昇636/下落1,433

■マザーズ指数    837.32(+0.56)

■日経JQ       3,416.38(+5.49)

■ドル円       108.73
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。
 業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は、電気・ガス業、陸運業、水産・農林業でした。一方、値上がり上位は、海運業、空運業、石油石炭製品となりました。

 TOPIXは反落、マザーズ指数、ジャスダックは反発しました。

■釣り人(原)
大幅上昇し日経平均先物は三空の上げを昨日形成。
前引け概況で多くの方が下がると伝えていることに対して、自分もそう思っているが意外と浅い押しなのかもしれない、という考えがあります。明日以降も見ていきます。

このページのトップへ

上海総合指数後場の寄り付き 2,978.86

2019/10/17(木) 14:00

上海総合指数後場の寄り付き 2,978.86 前日比+0.14 +0.00%

このページのトップへ

2019年9月首都圏マンション発売戸数、30.0%減

2019/10/17(木) 11:45

不動産経済研究所(東京・新宿)が17日に発表した2019年9月のマンション市場動向調査によると、首都圏の新築マンション発売戸数は前年同月比30.0%減の2359戸だった。
契約戸数は1339戸で、月間契約率は前年同月比で9.7ポイント低下の56.8%だった。19年10月の発売戸数3000戸前後の見通し。

このページのトップへ

前引け概況

2019/10/17(木) 11:41

■日経平均      22,503.97(+31.05)

■東証1部出来高    5.52億株

■東証1部売買代金   0.92兆円

■日経平均先物    22,490(±0)

■TOPIX        1,628.16(-3.35)

■騰落        上昇729/下落1,319

■マザーズ指数    838.83(+2.07)

■日経JQ       3,415.80(+4.91)

■ドル円       108.76
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。
 業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は、水産・農林業、パルプ・紙、非鉄金属でした。一方、値上がり上位は、海運業、空運業、化学となりました。

 TOPIXは反落、マザーズ指数、ジャスダックは反発しました。

■釣り人(原)
過熱感を伝えるテレビやラジオの解説者が多くなりました。私もそう思っております。
リズム的に下押し止む無しだという思いで見ているわけですが下がりません。売り方の多さが下振れを支えていると想像されます。
多くの人が下がると言い始めるとそうなのかなという疑問が出てきます。それでは後場を見ていきます。

このページのトップへ

上海総合指数の現在の気配は+0.04%

2019/10/17(木) 10:25

上海総合指数 2,979.99 前日比 +1.28 +0.04%

このページのトップへ

30億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2019/10/17(木) 09:13

おはようございます。

日本を襲った台風19号の被害。こちらでも少しニュースで拝見したが予想以上に大きな被害となってしまったようだな。
災害で被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。

さて、これで日本は国土強靭化はますます早期に必要不可欠となったことは明白。
国が予算としている1兆5000億円を有効に使い防災、減災のためにも迅速に対処を望まれる。
この防災、減災は現実問題として建設業などには数年は大きな恩恵がありそうだ。
また米国もハリケーンなどでよく被害が発生するが、その際被災された地方はライフラインが完全にストップし水や食料品など全てが寸断されてしまう。
防災、減災は道路や建物だけではない。
水や食料品の保存方法なども考えなければならない。
また災害で被災された後も重要で衛生面などを十分考えなければならなく、その観点から食料品などを保存するにも強度、透明性、熱、冷熱、酸化への耐久性が必要な機能を盛り込むことができる多機能の包装資材用多層チューブフィルムは必要不可欠。
これを扱う○○××が必要不可欠な企業となりそうだ。
今後、更なる開発、そして需要が発生するだろう。


本日の先物レンジ
ここからは大きな下落はないだろう。
ブレクジット問題でマーケットが下がるなら?そこは絶好の押し目買い場面となるだろう。
我々の予想では、英国が合意なき離脱が起こってもマーケットは大きな下落はないと予想している。

このページのトップへ

釣り人(原) 本日の相場予測

2019/10/17(木) 08:29

日経平均先物

NYダウ

おはようございます。
日経平均先物の現在の気配は22510、前日比20円高のところです。

ドル円 108.70
ほとんど動きはありません。

NYダウ 22ドル安
前日の大幅高の後小動きの一日でありました。

ナスダック 24ポイント安
こちらも同様。

週足チャートでの過熱感はそれほど感じませんが、日足では三空の上げで過熱を感じる動きになっています。
高い所を探して本日も売っていきます。

このページのトップへ

本日の予定

2019/10/17(木) 08:07

■国内(17日)
9月首都圏マンション発売(11:30)
5年国債入札

■海外(17日)
EU首脳会議(~10/18)
米9月住宅着工件数(21:30)
米10月フィラデルフィア連銀景気指数(21:30)
米9月鉱工業生産指数(22:15)
米5年インフレ連動国債入札

《米決算発表》
ハネウェル・インターナショナル、スナップオン、モルガン・スタンレー、フィリップモリス、ユニオン・パシフィック

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)

このページのトップへ

大引け概況

2019/10/16(水) 15:22

■日経平均      22,472.92(+265.71)

■東証1部出来高    14.27億株

■東証1部売買代金   2.49兆円

■日経平均先物    22,490(+290)

■TOPIX        1,631.51(+11.31)

■騰落        上昇1,513/下落561

■マザーズ指数    836.76(-8.48)

■日経JQ       3,410.89(-3.23)

■ドル円       108.65
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は大幅続伸しました。
 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、ガラス土石製品、ゴム製品、電気機器でした。一方、値下がり上位は、鉱業、水産・農林業、電気・ガス業となりました。

 TOPIXは続伸、マザーズ指数、ジャスダックは反落しました。

■釣り人(原)
負け越しの日が続きます。淡々と売買を続け好転するのを待ちます。

このページのトップへ

上海総合指数後場の寄り付き 2,982.45

2019/10/16(水) 14:00

上海総合指数後場の寄り付き 2,982.45 前日比-8.60 -0.29%

このページのトップへ

前引け概況

2019/10/16(水) 11:42

■日経平均      22,545.74(+338.53)

■東証1部出来高    7.19億株

■東証1部売買代金   1.23兆円

■日経平均先物    22,550(+350)

■TOPIX        1,637.85(+17.65)

■騰落        上昇1,763/下落319

■マザーズ指数    842.63(-2.61)

■日経JQ       3,422.94(+8.82)

■ドル円       108.67
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は大幅続伸しました。
 業種別では、ほぼ全ての業種が値上がりしました。値上がり上位は、ガラス土石製品、ゴム製品、銀行業。一方、値下がりしたのは、鉱業、水産・農林業のみとなりました。

 TOPIX、ジャスダックは続伸、マザーズ指数は反落しました。

■釣り人(原)
NYダウ夜間は-18ドルで静かな動き。ドル円は現在108.67と本日の安値より若干円高でありますが安定した動きであります。
週足チャートでは過熱感をさほど感じませんが、日足では過熱していると考え売りで入っておりますが失速が見えません。
大量の売残が少しでも下がれば買い戻されるからでしょう。後場を見ていきます。

このページのトップへ

上海総合指数の現在の気配は+0.05%

2019/10/16(水) 10:25

上海総合指数 2,992.61 前日比 +1.56 +0.05%

このページのトップへ

30億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2019/10/16(水) 09:12

おはようございます。

実に愉快な朝ではないか!
この展開の予想はなかなかできないぞ。
7月の半導体株の上昇から我々にマーケットの神様が降臨したようだ(笑)
長年やっていればこんな年もある。
しかし、我々の周りも売り方に回って踏みまくってるぞ(笑)
このコメントはここにしか記載しないが。
友人、知人達のファンド仲間には口が裂けても言えなかった。「売りになんて回っていない。買っていると」。
これがまた不思議なんだが買っていることは伝えていたはず。しかし誰も何故?買っているの耳を傾けはしなかった。それどころか売りに回っていて私は友人、知人には皆と同じ行動をとるなと忠告はしたのだが。
仕方がないがこれがマーケットである。
日本のマーケット関係者もファンダメンタルズからだと買えないと言っていただろ。
しかし、現実とは逆に日経平均が22500円を乗せてくるようならば手のひら返しするかもな(笑)
日経平均22500円なんてまだまだ始まったばかり。
時間軸からも同じだ。
理屈ぽく語ったところで誰も理解はしない。
簡単に言っておく。
「空売りが史上最高に積み上がっているんだ」。
機関投資家も気が付かないんだよ!売り過ぎて。
評価損と実損が増える毎日なのに。
しかし会社として損は少ない筈だ。
何故ならここ最近は債券で相当利益が上がっているかな。

本日の先物レンジ
焦るのは売り方。
踏んでもまた売るんだよ売り方は。
素直にトレンドに乗るべきだ。

このページのトップへ

釣り人(原) 本日の相場予測

2019/10/16(水) 08:35

日経平均先物

NYダウ

おはようございます。
日経平均先物の現在の気配は22510、前日比310円高のところです。

ドル円 108.82
NYダウの大幅高(+237ドル)で円安へ振れております。

ナスダック 100ポイント高

NYダウ夜間は±0、流動性が小さくなっている、つまり大きく上下に振れます。
本日の売買も頑張っていきましょう。

このページのトップへ

本日の予定

2019/10/16(水) 08:05

■国内(16日)
9月訪日外客数(16:00)

《決算発表》
フェスタリアHD

■海外(16日)
米9月小売売上高(21:30)
米10月NAHB住宅市場指数(23:00)
ベージュブック
米8月対米証券投資(10/17 5:00)

《米決算発表》
バンク・オブ・アメリカ、アボット・ラボラトリーズ、IBM、ネットフリックス

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)

このページのトップへ