<バランス投資顧問の三つのコース案内>

株式情報 「海と風」

先物情報「日経先物&FX 桃太郎」

先物情報「日経225先物と釣り人」

twitter日経225先物と釣り人
「ツイッター」は株と先物の情報がたくさん書かれています。
「日経225先物と釣り人」は釣り人の先物売買(前日分)ですがしっかりと見ることが出来ます。
ご覧になってください!!

有料会員のご登録

無料情報

バックナンバー

大引け概況

2018/04/20(金) 15:20

■日経平均      22,162.24(-28.94)

■東証1部出来高    14.24億株

■東証1部売買代金   2.49兆円

■日経平均先物    22,160(-40)

■TOPIX        1,751.13(+0.95)

■騰落        上昇989/下落978

■マザーズ指数    1,134.33(+8.72)

■日経JQ       3,929.01(+16.84)

■ドル円       107.62
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。前場は朝方、前日の米株安の流れを引き継ぎハイテク株を中心に売りが先行したものの、円の弱含み推移を支えにプラス圏に浮上。足元で下げが目立っていた中小型株を買い戻す動きが広がり、引けにかけて上げ幅を広げる展開となりました。
 後場は売り物がちにスタート。押し目買いが入る一方で、週末のポジション調整の売りなどが断続的に出て安値圏でのもみ合いに。後場はこう着感を強めた動きとなりました。
 
 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、海運業、その他製品、保険業でした。一方、値下がり上位は、金属製品、医薬品、機械となりました。
 
 TOPIXは続伸、マザーズ指数は反発しました。
 
■釣り人
本日でドル円は3日連続の円安です。
これに関してはちょっと予想外でした。107円を割り込めばすんなりと22000円を割るはずだったのですが仕方ありません。

高い所を売りで入っております。
それでは来週もよろしくお願い致します。

このページのトップへ

14時の概況

2018/04/20(金) 14:01

■日経平均      22,186.37(-4.81)

■日経平均先物    22,180(-20)

■TOPIX先物      1,753.50(+3.00)

■騰落        上昇1,123/下落838

■日経JQ       3,927.04(+14.87)

■マザーズ指数    1,135.17(+9.56)

■ドル円       107.64

■NYダウ夜間先物  +18

■上海総合指数後場の寄り付き 3,078.20 前日比-39.17 -1.26%

■指数大型      現値1,581.17  前日比+2.44

■指数中型      現値2,128.77  前日比+4.62

■指数小型      現値3,467.48  前日比+10.80

このページのトップへ

日・2月第三次産業活動指数:前月比横ばい

2018/04/20(金) 13:34

20日発表された2月の第三次産業活動指数は前月比横ばいの105.2だった。

このページのトップへ

お昼のバスケット取引

2018/04/20(金) 12:46

ランチバスケットは12件、287.89億円。
差し引き10億円の買い越しとの観測。

このページのトップへ

前引け概況

2018/04/20(金) 11:45

■日経平均      22,222.13(+30.95)

■東証1部出来高    7.49億株

■東証1部売買代金   1.25兆円

■日経平均先物    22,230(+30)

■TOPIX        1,754.44(+4.26)

■騰落        上昇1,201/下落782

■マザーズ指数    1,134.01(+8.40)

■日経JQ       3,923.13(+10.96)

■ドル円       107.64
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。半導体関連株を中心に下落した前日の米国市場の流れを引き継ぎ、国内市場でもハイテク株を中心に売りが先行。連日の上昇に対する利益確定売りも出て下げ幅を拡大しましたが、円の弱含みを受け上げ転換。その後は、小高い水準でのもみ合いとなりました。
 
 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、海運業、保険業、その他製品でした。一方、値下がり上位は、金属製品、電気機器、機械となりました。
 
 TOPIXは続伸、マザーズ指数は反発しました。
 
■釣り人
日経平均に関しては、思ったよりも円安に傾いたわけなんですが、10時過ぎの日銀の国債買い入れが発表になったのが原因ではなかろうかと私は想像しております。そこから一挙に30銭近く動きました。

前場の高値(ラージ)22270、これが本日の高値かどうか考える後場となります。

このページのトップへ

上海総合指数の現在の気配は-0.38%

2018/04/20(金) 10:26

上海総合指数 3,105.46 前日比 -11.92 -0.38%

このページのトップへ

10時の概況

2018/04/20(金) 10:00

■日経平均      22,111.38(-79.80)

■日経平均先物    22,110(-90)

■TOPIX先物      1,747.50(-3.00)

■騰落        上昇1,004/下落943

■日経JQ       3,924.03(+11.86)

■マザーズ指数    1,132.01(+6.40)

■ドル円       107.46

■NYダウ夜間先物  -24

■指数大型      現値1,575.99  前日比-2.74

■指数中型      現値2,121.02  前日比-3.13

■指数小型      現値3,459.49  前日比+2.81

このページのトップへ

30億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2018/04/20(金) 09:01

おはようございます。

昨日の日経平均!今年初めての5日続伸となった。
そして来週から決算発表が本格化しやや様子見となりそうだが我々としてはここから選別投資再開!
予定通りの投資戦略を考えている。
また昨日発表された週間投資主体別売買動向では海外勢は約5700億円買い越しとなってきており我々の投資仲間の話を分析するとまだまだ暫くは資金流入が予想される。
まもなく日本はGWにはいるようだが、その間にマーケットは変化が起きる可能性があり我々としてはいよいよ春先から夏に向けて東京市場も活気が戻ってくると予想しており来週から来月のSQに掛けて我々も今年2回目の買いを考えている。
我々の行動はさておき、東京市場はここからGW明けのSQまでは材料株なり個別銘柄勝負となるだろう。
そこで気になるのが必要不可欠!事故が起きてからでは支障が生じ早急に対処が必要な事業として日本では老朽化が鮮明な!上下水道の老朽化だ。
これまでも何回も話題に上がっていたが、我々の調査によるとここで着実に老朽化解消!即ち、入れ換え作業により耐震下水管などが業績に寄与してきそうだ。
個別銘柄では...

~以下会員ページ~

このページのトップへ

釣り人 本日の相場予測

2018/04/20(金) 08:41

おはようございます。本日もよろしくお願い致します。
日経平均先物の現在の気配は22130
前日比70円安のところです。

ドル円 107.40
横横の動きながらも少し円安気味であります。
この為替に関して、高い所ではまだ円安になるとお伝えしていましたが現在は中立の見方。
もしかしたら日足での三段上げ(円安)の動きが一服するような値動きになるかもしれない...こんなことを今週お伝えしていますが横の動きであります。
気になるところは4月13日の安値107.77円であります。

NYダウ 83ドル安
若干プラスのところがありましたが引けは83ドル安。これは22:30に書き込みましたが一度戻すなと思っていたからです。
それでもロスカットまで先物価格は上がることなく、売り持ちのままであります。
今晩のNYは続落するのか?それとも反発の動きになるのか?見えづらいところです。場中に下振れがありましたら買い戻そうかなという気持ちもあります。

ナスダック 57ポイント安

それではよろしくお願い致します。

このページのトップへ

本日の予定

2018/04/20(金) 08:16

■国内(20日)
3月消費者物価指数(8:30)
2月第三次産業活動指数(13:30)
3月コンビニエンスストア売上高(16:00)

《決算発表》
ゲンキードラ、光世証、ベクター、アジュバン、東製鉄、日鋳造、エンプラス、東邦レマック、サーティワン、モーニングスタ

■海外(20日)
G20財務大臣・中央銀行総裁会議(ワシントン)

《米決算発表》
リージョンズ・フィナンシャル、ステート・ストリート、ゼネラル・エレクトリック、ウェイスト・マネジメント、プロクター・アンド・ギャンブル、サントラスト・バンクス、スタンレー・ブラック&デッカー、ハネウェル

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)

このページのトップへ

おはようございます

2018/04/20(金) 08:14

■NYダウ
 24,664.89 -83.18
■ナスダック
 7,238.06 -57.18
■CME225(円建て)
 22,140 -60(大証比)
■ドイツDAX
 12,567.42 -23.41
■上海総合指数
 3,117.38 +25.98
■ドル円
 107.44

 19日のNY市場は下落。台湾TSMCがスマートフォン需要が弱まっているとして通期見通しを下方修正したことが嫌気され、アップルなど半導体関連株が下落。その一方で、長期金利が上昇し金融株が買われ、また今後の決算発表への期待などが相場の支えとなり、取引終盤は下げ渋る動きとなりました。
 セクター別では、銀行や各種金融が上昇する一方で食品・飲料・タバコや半導体・半導体製造装置が下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、三菱UFJ<8306>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、ソニー<6758>、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>、ブリヂストン<5108>、京セラ<6971>、富士フイルム<4901>、日東電<6988>など、対東証比較(1ドル107.4円換算)で全般小安い展開でした。

このページのトップへ