<バランス投資顧問の三つのコース案内>

株式情報 「海と風」

先物情報「日経先物&FX 桃太郎」

先物情報「日経225先物と釣り人」

twitter日経225先物と釣り人
↑株と先物の情報沢山書かれていきます。
どうぞご覧ください!!

また、会員様は携帯、またはパソコンでメールを受け取っていただきます。メール配信はID発行と同時に設定されます!

有料会員のご登録

無料情報

バックナンバー

大引け概況

2017/08/23(水) 15:26

■日経平均      19,434.64(+50.80)

■東証1部出来高    14.53億株

■東証1部売買代金   1.9兆円

■日経平均先物    19,420(+80)

■TOPIX        1,600.05(+3.93)

■騰落        上昇1,044/下落842

■マザーズ指数    1,084.94(+5.74)

■日経JQ       3,353.08(+10.19)

■ドル円       109.47
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。前場は前日の米国株高や円高一服を好感した買い優勢。しかし勢いが続かず戻り売りなどにより伸び悩み、徐々に上げ幅を縮小しました。
 後場は昼休み時間帯に複数の海外メディアが「トランプ大統領のメキシコ国境との壁建設に前向きな発言」を報じたことから、為替相場が円高へ振れ、トランプ大統領の政権運営を懸念した売りが広がりました。その後の戻りは限定的となり、前引け値から下げた水準での推移が続き、本日の取引を終えました。

 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、繊維製品、石油石炭製品、パルプ・紙でした。一方、値下がり上位は、鉄鋼、海運業、電気・ガス業となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数ともに続伸しました。

■釣り人
上値の重さを感じる本日だったのではないでしょうか?
つまりまだ日経平均は底打ちをしていない、底打ちしていれば寄り付き後じわじわと上昇する。こんな現象になりやすいです。
もちろん底打つ時は「安寄りした後なぜか戻し始める」これが更に良いと思いますが..買い線を待ちます。

このページのトップへ

14時の概況

2017/08/23(水) 14:01

■日経平均      19,439.69(+55.85)

■日経平均先物    19,420(+80)

■TOPIX先物      1,600.00(+6.00)

■騰落        上昇1,114/下落767

■日経JQ       3,353.23(+10.34)

■マザーズ指数    1,085.75(+6.55)

■ドル円       109.48

■NYダウ夜間先物  -25

■上海総合指数後場の寄り付き 3,283.98 前日比-6.25 -0.19%

■指数大型      現値1,450.21  前日比+4.67

■指数中型      現値1,939.48  前日比+4.88

■指数小型      現値3,104.77  前日比+8.17

このページのトップへ

前引け概況

2017/08/23(水) 11:44

■日経平均      19,473.17(+89.33)

■東証1部出来高    7.05億株

■東証1部売買代金   0.88兆円

■日経平均先物    19,450(+110)

■TOPIX        1,603.24(+7.12)

■騰落        上昇1,250/下落627

■マザーズ指数    1,090.71(+11.51)

■日経JQ       3,358.79(+15.90)

■ドル円       109.62
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。22日の米国株高や円高一服が好感され買いが先行。前日まで5日続落していたことから、幅広い銘柄に買い戻しの動きが広がりました。その後は勢いが続かず伸び悩みとなり、徐々に上げ幅を縮小しましたが、プラス圏で推移し午前の取引を終えました。

 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、繊維製品、石油石炭製品、情報・通信業でした。一方、値下がり上位は、海運業、鉄鋼、銀行業となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数ともに続伸ました。
 
■釣り人
日経平均は高寄り後少し失速。
寄り付き後為替の動きが円安に振れることなく失速した状況に順応しています。

相変わらず上値が重い。まだ底値をうっていないのではないか?という思いをもって向かっていきいます。

このページのトップへ

上海総合指数の現在の気配は-0.20%

2017/08/23(水) 10:26

上海総合指数 3,283.80 前日比 -6.43 -0.20%

このページのトップへ

10時の概況

2017/08/23(水) 10:01

■日経平均      19,508.81(+124.97)

■日経平均先物    19,490(+150)

■TOPIX先物      1,605.50(+11.50)

■騰落        上昇1,476/下落394

■日経JQ       3,358.08(+15.19)

■マザーズ指数    1,088.82(+9.62)

■ドル円       109.69

■NYダウ夜間先物  -20

■指数大型      現値1,455.72  前日比+10.18

■指数中型      現値1,945.50  前日比+10.90

■指数小型      現値3,114.52  前日比+17.92

このページのトップへ

30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/08/23(水) 09:17

おはようございます。
日経平均はとりあえずテクニカルポイントからの反発となりそうだ。
その点に関しては意外と素直なマーケットではないかと感じている。
ただ現状のトレンドはまだまだ下を向いており、チャートからだと日経平均20000円を越えてこないとトレンド転換とは言えない。
しかし、個別銘柄をみると好業績銘柄には完璧に押し目買いに押し目なしで上値追いを展開する銘柄が少なくない。
ともかくここは焦らず好業績銘柄と材料株、また新高値更新しているような銘柄を追いかけることが素直な投資戦術なのだろう。


本日の先物レンジ
19420~19590円
買い戻しが終われば落ち着くだろう。

このページのトップへ

釣り人 本日の相場予測

2017/08/23(水) 08:39

日経平均先物の現在の気配は19500
前日比160円高のところ。

ドル円109.68
昨晩大きく円安に振れました。
そしてその流れを引き継ぎ更にじわっと円安というところであります。

ニューヨークダウは196ドル高。
大きな上昇となりました。
税制改革への期待感が相場を押し上げました。
二段下げに対する戻り。一昨日の安値が当面の安値となるのかどうか?本日のニューヨークの動きも気になるところです。

ナスダックは84ポイント高。
ナスダックは三段下げが一昨日の安値だったのかもしれない、という感覚を持ちます。

昨日の夕方2市場の信用残が発表されています。
買残の合計2兆7000億。先週の急落場面で減ったかと思えば、押し目買いということで信用の買残は増えています。
個人投資家は個別株の安値を拾おうという行動に出ました。

~以下会員ページ~

このページのトップへ

外資系の注文動向

2017/08/23(水) 08:26

23日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り650万株、買い630万株で、差し引き20万株の売り越し。売り越しは2営業日ぶり。金額(5社ベース)は買い越し。
売りセクターに、機械、通信、銀行、不動産、小売など。
買いセクターに、建設、化学、その他金融、機械、精密、小売、不動産、電機など」(外資系証券)という。

このページのトップへ

本日の予定

2017/08/23(水) 08:12

■国内(23日)
予定はありません。

■海外(23日)
米7月新築住宅販売件数(23:00)

《米決算発表》
ロウズ・カンパニーズ、ヒューレット・パッカード、PVH

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)

このページのトップへ

おはようございます

2017/08/23(水) 08:09

■NYダウ
 21,899.89 +196.14
■ナスダック
 6,297.48 +84.35
■CME225(円建て)
 19,480 +140(大証比)
■ドイツDAX
 12,229.34 +163.35
■上海総合指数
 3,290.23 +3.32
■ドル円
 109.7

 22日のNY市場は上昇。トランプ大統領の政権運営に対する先行き不透明感などから、これまでに下げが続いていたハイテク株など幅広い銘柄に買いが広がりました。また米政治ニュースサイトのポリティコが法人減税を含む税制改革に関する協議で、大きな前進があったと報じたことも相場を押し上げ、終日堅調な推移となりました。
 セクター別では、テクノロジー・ハード・機器やソフトウェア・サービスが上昇する一方で家庭用品・パーソナル用品や不動産が下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、三井住友<8316>、任天堂<7974>、三菱商<8058>、ファーストリテ<9983>、京セラ<6971>、日東電<6988>など、対東証比較(1ドル109.58円換算)で全般堅調でした。

このページのトップへ

大引け概況

2017/08/22(火) 15:33

■日経平均      19,383.84(-9.29)

■東証1部出来高    13.14億株

■東証1部売買代金   1.71兆円

■日経平均先物    19,340(-20)

■TOPIX        1,596.12(+0.93)

■騰落        上昇966/下落919

■マザーズ指数    1,079.20(+4.15)

■日経JQ       3,342.89(+11.34)

■ドル円       109.19
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。前場は直近4日続落の反動などから上昇する場面も見られましたが、北朝鮮問題への警戒感などから売り買いの交錯する展開となりました。
 後場は前引け値から小幅に上昇してスタート。円弱含みが支えとなりましたが、外部環境への懸念は根強く、持ち高を整理する動きが広がり軟調な推移となりました。

 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、鉄鋼、非鉄金属、電気機器でした。一方、値下がり上位は、水産・農林業、倉庫運輸関連、陸運業となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数ともに反発しました。
 
■釣り人
難しい1日になりそうだなという予感はありました。
手を出してしまったことが少し悔やまれます。
またチャレンジ致します。

このページのトップへ

14時の概況

2017/08/22(火) 14:01

■日経平均      19,384.30(-8.83)

■日経平均先物    19,370(+10)

■TOPIX先物      1,596.00(+3.50)

■騰落        上昇1,022/下落862

■日経JQ       3,342.66(+11.11)

■マザーズ指数    1,079.20(+4.15)

■ドル円       109.27

■NYダウ夜間先物  +59

■上海総合指数後場の寄り付き 3,292.18 前日比+5.27 +0.16%

■指数大型      現値1,446.20  前日比+0.71

■指数中型      現値1,934.70  前日比+2.44

■指数小型      現値3,097.83  前日比+6.29

このページのトップへ

お昼のバスケット取引

2017/08/22(火) 12:40

ランチバスケットは24件、600.17億円。
差し引き110億円の買い越しとの観測。

このページのトップへ

前引け概況

2017/08/22(火) 11:48

■日経平均      19,406.61(+13.48)

■東証1部出来高    6.44億株

■東証1部売買代金   0.8兆円

■日経平均先物    19,390(+30)

■TOPIX        1,597.02(+1.83)

■騰落        上昇1,023/下落856

■マザーズ指数    1,079.49(+4.44)

■日経JQ       3,341.80(+10.25)

■ドル円       109.23

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。朝方は小幅に下落してスタート。円弱含みや直近4日続落の反動もあって、まもなくプラスへ転じましたが、北朝鮮などを巡る地政学的リスクや、米国の金融政策の先行きを見極めたいとの思惑から、売り買いの交錯する展開となりました。

 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、倉庫運輸関連、水産・農林業、食料品でした。一方、値上がり上位は、鉄鋼、非鉄金属、その他製品となりました。

 TOPIX、マザーズ指数ともに反発しました。
 
■釣り人
反発しやすい場所にあったと言えばそうなります。
24時間取引のニューヨークダウは現在プラス66ドルと強含んでおります。
果たしてドル円が円安へ向かい始まるのかどうか。正念場の値段となってきております。

恐らく今晩のニューヨークダウは高寄りした後少し戻るかもしれません。
二段下げに対する単なるリバウンドであろうという考えを持っています。
それをもとに後場は解説していきます。

このページのトップへ

上海総合指数の現在の気配は+0.02%

2017/08/22(火) 10:26

上海総合指数 3,287.61 前日比 +0.70 +0.02%

このページのトップへ

10時の概況

2017/08/22(火) 10:01

■日経平均      19,385.24(-7.89)

■日経平均先物    19,360(±0)

■TOPIX先物      1,595.50(+3.00)

■騰落        上昇908/下落918

■日経JQ       3,340.56(+9.01)

■マザーズ指数    1,081.20(+6.15)

■ドル円       109.18

■NYダウ夜間先物  +57

■指数大型      現値1,445.85  前日比+0.36

■指数中型      現値1,933.68  前日比+1.42

■指数小型      現値3,093.45  前日比+1.91

このページのトップへ

30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/08/22(火) 09:03

おはようございます。
日経平均はテクニカルで買い辛い展開。
残念ながら流れに逆らうよりは調整局面と考えた方が無難ではなかろうか。
どこまで下がりますか?とよく聞かれるが、そんな質問された時はテクニカルで語るしかない。
現状は昨日もお伝えしたが、日経平均のトレンドラインからならば19270、19025円が目先のテクニカルポイント。
ここで止まるのか?それとも更に下値追いとなるのか?
騰落レシオからだともう少し弱含みな時間軸がありそうだが。
ともかく焦らず反発好機を狙う。安値で買おうとするな!
好業績銘柄の押し目買い!
後は個別銘柄で強い銘柄は買い、弱い銘柄は売りのイメージでマーケットに参加してみたらどうだろうか。


本日の先物レンジ
売り方とすれば買い戻すタイミングではない。
売り方ならばここは更に下値を狙う仕掛けのタイミングだと思われる。

19260~19430円
終値でこのレンジを抜けるならば変化日は近い。

今週はキーとなりそうだ。

このページのトップへ

釣り人 本日の相場予測

2017/08/22(火) 08:42

日経平均先物の現在の気配は19350
前日比10円安のところ。

ドル円109.01
昨晩の最も高い円の値段は108.61
そこから見ますと少し戻しているという感覚であります。

ニューヨークダウは29ドル高。
60ドルほど安いところまであったのですが、さすがに安いところが続いていたので小反発。
これで日足の二段下げが終了。リバウンドがあるかどうか分かりませんが、次の下げがあれば三段下げ。つまり最終の下げとなります。
あくまでも日足での話になりますが。

ナスダックは3ポイント安。
安いところでもぞもぞと動いております。

~以下会員ページ~

このページのトップへ

外資系の注文動向

2017/08/22(火) 08:16

22日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り400万株、買い620万株で、差し引き220万株の買い越し。買い越しは2営業日ぶり。金額(5社ベース)も買い越し。
売りセクターに、薬品、銀行、小売、陸運、銀行、不動産、自動車など。
買いセクターに、建設、機械、精密、情報通信、薬品、空運など」(外資系証券)という。

このページのトップへ

本日の予定

2017/08/22(火) 08:13

■国内(22日)
《決算発表》
R-INV、R-JHR

■海外(22日)
独8月ZEW景況感指数(18:00)
米6月FHFA住宅価格指数(22:00)
米8月リッチモンド連銀製造業指数(23:00)

《米決算発表》
セールスフォース・ドットコム、ダラー・ツリー、ヒューレット・パッカード・エンタープライズ、メドトロニック、インテュイット

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)

このページのトップへ

おはようございます

2017/08/22(火) 08:11

■NYダウ
 21,703.75 +29.24
■ナスダック
 6,213.13 -3.40
■CME225(円建て)
 19,320 -40(大証比)
■ドイツDAX
 12,065.99 -99.20
■上海総合指数
 3,286.91 +18.18
■ドル円
 109.01

 21日のNY市場はまちまち。トランプ政権の先行き不透明感や米韓の合同軍事演習が開始されたことで、北朝鮮リスクが意識され売りが先行。その後買い戻しの動きも見られましたが、24日からのジャクソンホール会合を控え、講演内容を見極めたいとの思惑から積極的な売買が見送る姿勢が強まり、狭いレンジでの推移となりました。
 セクター別では、不動産や電気通信サービスが上昇する一方で耐久消費財・アパレルや半導体・半導体製造装置が下落。
 ADRの日本株はソフトバンクG<9984>、ソニー<6758>、SUBARU<7270>、日鉄住金<5401>、富士通<6702>が小じっかり。一方、トヨタ<7203>、ファナック<6954>、三菱UFJ<8306>、任天堂<7974>、ブリヂストン<5108>、ファーストリテ<9983>が小安いなど、対東証比較(1ドル108.95円換算)で高安まちまちでした。

このページのトップへ

大引け概況

2017/08/21(月) 15:28

■日経平均      19,393.13(-77.28)

■東証1部出来高    14.06億株

■東証1部売買代金   1.75兆円

■日経平均先物    19,360(-80)

■TOPIX        1,595.19(-2.17)

■騰落        上昇1,038/下落852

■マザーズ指数    1,075.05(-9.75)

■日経JQ       3,331.55(-2.96)

■ドル円       109.30
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。前場は円高一服が好感され買い優勢でスタート。しかし北朝鮮リスクが意識されると下げに転じ、安値圏での推移となりました。
 後場は日銀のETF買い期待を支えに下げ幅を縮小して始まり、下げた場面では個別物色の動きも見られましたが、全体に買い進める動きは鈍く引き続き軟調な動きとなりました。

 業種別では、値上がり上位は、電気・ガス業、金属製品、鉱業。一方、値下がり上位は、証券商品先物、銀行業、ゴム製品となり、値上がり数が値下がり数を若干上回りました。
 
 TOPIX、マザーズ指数ともに続落しました。
 
■釣り人
少し引けに円高に振れましてドル円は109.11
6月7月に上方修正を出した企業が多かったのですが、この為替に関係する企業もたくさんあります。
あまり円高になると当然業績に雲がかかってきます。
さていつ晴れ間が見えるのか?夜明け前が一番暗いといいますが、では今はいつ頃なのか?
まだ感じ取ることが出来ません。

見えづらい時はいつものように二段階で入ります。
例えばミニ10枚で通常売買するのであれば、5枚だけで入る。
そしてロスカット設定を行う。
思った方向へ値段が動き、これは更に追撃だ!と考えれば追加を行う。こんな感じでしょう。
イブニングは思うことがあれば書き込みます。(現在持ちなし)
どうぞご覧ください。

このページのトップへ

14時の概況

2017/08/21(月) 14:01

■日経平均      19,390.88(-79.53)

■日経平均先物    19,370(-70)

■TOPIX先物      1,593.50(-2.50)

■騰落        上昇1,029/下落865

■日経JQ       3,331.78(-2.73)

■マザーズ指数    1,074.49(-10.31)

■ドル円       109.23

■NYダウ夜間先物  +22

■上海総合指数後場の寄り付き 3,277.04 前日比+8.31 +0.25%

■指数大型      現値1,445.02  前日比-4.70

■指数中型      現値1,931.90  前日比+0.21

■指数小型      現値3,090.44  前日比+5.29

このページのトップへ

お昼のバスケット取引

2017/08/21(月) 12:38

ランチバスケットは23件、291.67億円。
差し引き10億円の売り越しとの観測。

このページのトップへ

前引け概況

2017/08/21(月) 11:43

■日経平均      19,384.64(-85.77)

■東証1部出来高    7.38億株

■東証1部売買代金   0.86兆円

■日経平均先物    19,380(-60)

■TOPIX        1,593.69(-3.67)

■騰落        上昇938/下落940

■マザーズ指数    1,077.33(-7.47)

■日経JQ       3,331.46(-3.05)

■ドル円       109.21
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。朝方は前週末の大幅下落を受け、自律反発狙いの買いが先行。円高一服も支援材料となりましたが、まもなく下げに転じました。その後は本日から米韓の合同軍事演習が始まることから、北朝鮮リスクが意識され、先物売りを交えて下げ幅を拡大。軟調な推移となりました。
 
 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、ゴム製品、証券商品先物、銀行業でした。一方、値上がり上位は、海運業、鉱業、電気・ガス業となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数ともに続落しました。
 
■釣り人
為替が気持ち落ち着いていますが、北朝鮮問題が重くのしかかっています。
そしてニューヨークダウのじりじりとした下落。
日経平均先物を買っていこうという投資家は少なく、値幅がとれた売り方の買い戻しがまばらに入っている状況です。
下がれば下がるほど需給は好転してきているということ。
買い持ちを外しているわけですから、買いが減っている。当然需給は良い方向へ進みます。
そして裁定取引の買残の合計が1兆5400億。これも減りつつあります。
なんらかの明るい兆しが出れば当然大幅高となるわけですが、どこにそのタイミングがあるのか?8月後半、長くて9月?
探していこうではないですか!

現在の下振れがどこで終焉を迎えるのか?日々の売買を入れながら探していきます。

このページのトップへ

上海総合指数の現在の気配は+0.18%

2017/08/21(月) 10:26

上海総合指数 3,274.58 前日比 +5.86 +0.18%

このページのトップへ

10時の概況

2017/08/21(月) 10:01

■日経平均      19,436.77(-33.64)

■日経平均先物    19,420(-20)

■TOPIX先物      1,596.00(+0.00)

■騰落        上昇1,155/下落709

■日経JQ       3,335.34(+0.83)

■マザーズ指数    1,083.55(-1.25)

■ドル円       109.32

■NYダウ夜間先物  +19

■指数大型      現値1,447.28  前日比-2.44

■指数中型      現値1,934.52  前日比+2.83

■指数小型      現値3,093.73  前日比+8.58

このページのトップへ

30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/08/21(月) 09:25

おはようございます。
先週の日経平均はまた弱含み。これで5週続落となった。
北朝鮮が地理的に近いことから地政学的リスクがいつまで・・・・
困った話であるが、今朝は短期的な視点から日経平均の値動きを「フィボナッチ」からお伝えしておくが、短期的にここから半値押しが19270円、61.8%押しは19025円前後となる。
この付近に下落した場合、終値でのブレイクポイントとなるだろう。
今朝も多くを語る必要ないだろうがともかく決して無理しないことだ。



本日の先物レンジ
19360~19590円
トランプ氏の「白人至上主義」発言。
これをマーケットはどうみるか?
焦らずいこう。

このページのトップへ

週間展望 釣り人(8/20)

2017/08/21(月) 08:48

週末のNYダウは76ドル安・ナスダック5ポイント安 ドル円109.21
CME225 19455+5 NYダウに関して週末のザラバ中にもう一度下がるということを伝え注目銘柄の損切り撤退先物は売りで入りました。NYダウは100ドルを超える安値がありましたがバノン首席戦略官の辞任が伝わりコーン国家経済委員長が仕事がしやすくなるということで少し持ち直して終わりました。

今週は23日の米新築住宅販売(7月)の発表とかそれほどの経済発表はありませんが問題は21日月曜日の米韓合同軍事演習どんなニュースとなるのか?注目されます。

~以下会員ページ~

このページのトップへ

釣り人 本日の相場予測

2017/08/21(月) 08:42

おはようございます。

日経平均先物の現在の気配は19500
ドル円109.37
日本時間になり少し円安に振れているで先物がしっかりと寄り付きます。

今週もしっかり書いていきます。
よろしくお願い致します。

このページのトップへ

外資系の注文動向

2017/08/21(月) 08:19

21日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り970万株、買い840万株で、差し引き130万株の売り越し。売り越しは6営業日ぶり。金額(5社ベース)は買い越し。
売りセクターに、通信、小売、情報通信、石油、証券、銀行、鉄鋼など。
買いセクターに、精密、情報通信、食品、機械、自動車、通信、建設、鉱業、サービスなど」(外資系証券)という。

このページのトップへ

今週の予定

2017/08/21(月) 08:17

■21(月)
【国内】
6月全産業活動指数(13:30)
7月日本製半導体製造装置BBレシオ

【海外】
タイ4-6月期GDP(11:30)
米7月シカゴ連銀全米活動指数(21:30)

休場:フィリピン

■22(火)
【国内】
20年国債入札

《決算発表》
R-INV、R-JHR

【海外】
独8月ZEW景況感指数(18:00)
米6月FHFA住宅価格指数(22:00)
米8月リッチモンド連銀製造業指数(23:00)

《米決算発表》
セールスフォース・ドットコム、ダラー・ツリー、ヒューレット・パッカード・エンタープライズ、メドトロニック、インテュイット

■23(水)
【海外】
米7月新築住宅販売件数(23:00)

《米決算発表》
ロウズ・カンパニーズ、ヒューレット・パッカード、PVH

■24(木)
【海外】
英4-6月期GDP改定値(17:30)
米7月中古住宅販売件数(23:00)
米8月カンザスシティ連銀製造業活動(8/25 00:00)
米5年インフレ連動国債入札
米カンザスシティ連銀主催のジャクソンホール会合(~8/26)

《米決算発表》
ホーメル・フーズ、ティファニー、パターソン、JMスマッカー、オートデスク、ブロード・コム、

■25(金)
【国内】
7月消費者物価指数(8:30)
8月東京消費者物価指数(8:30)
7月企業向けサービス価格指数(8:50)
米カンザスシティ連銀主催のジャクソンホール会合でドラギECB総裁、イエレンFRB議長が講演

《決算発表》
H.I.S.

【海外】
独8月Ifo景況感指数(17:00)
米7月耐久財受注(21:30)

休場:インド

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)

このページのトップへ

おはようございます

2017/08/21(月) 08:14

■NYダウ
 21,674.51 -76.22
■ナスダック
 6,216.53 -5.39
■CME225(円建て)
 19,445 +5(大証比)
■ドイツDAX
 12,165.19 -38.27
■上海総合指数
 3,268.72 +0.29
■ドル円
 109.34

 18日のNY市場は下落。前週のトランプ大統領の発言から大統領助言組織が2つ解散に至ったことや、発言そのものに対する批判が続き、米政権運営への不透明感から売り優勢となりました。またトランプ大統領の側近で極右とされるスティーブ・バノン主席戦略官の解任を好感し、下げ幅を縮小する場面も見られましたが、長続きせず軟調な推移となりました。
 セクター別では、公益事業や家庭用品・パーソナル用品が上昇する一方で耐久消費財・アパレルや食品・生活必需品小売が下落。
 ADRの日本株はソフトバンクG<9984>、三井住友<8316>、HOYA<7741>、オムロン<6645>がしっかり。半面、トヨタ<7203>、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>、SUBARU<7270>、ルネサス<6723>が小安いなど、対東証比較(1ドル109.18円換算)で高安まちまちでした。

このページのトップへ