<バランス投資顧問の3つのコース案内>

株式情報 「海と風」

先物情報「日経先物&FX 桃太郎」

先物情報「日経225先物と釣り人」

twitter日経225先物と釣り人

有料会員のご登録

無料情報

バックナンバー

週間展望 釣り人 原

2019/11/17(日) 18:36

週末のNYダウは+222ドル 高値更新中 ナスダック +61ポイント
ドル円 108.73 安定 CME 225  23365 +25
米中貿易摩擦の進展期待が相場を支えています。12月15日 予定の追加関税第4段の15%関税が延期・あるいは撤回されるであろうとの見方であります・・

今週の気になる記事で円安は株高なのは正しいのか?という内容 スマートホンや液化天然ガスはほとんど輸入です。円安だと、簡単に言いますと高く買わなければならなくなります。円高が国力を増すという考えであります。確かに今までは我が国は輸出産業が円安で良く儲かる仕組みでしたが、工場の海外進出でそうでも無い企業が多くなりました。これからは円安イコール日経平均高という感覚に変化が起きるかも?と思ったりします。今すぐのことではないですが・・

金融庁と東京証券取引所はマザーズ市場の上場条件の緩和で創薬スタートアップ企業を上場しやすくするという事。マザーズ指数は他の市場よりはるかに軟調です。この事は週末チャート紹介したばかりです。マザーズはまだ利益の出ない小さな赤字企業が沢山あります。そして多くのバイオベンチャーがあります。活性化の動きが見えてくるか?期待します。

まず日経平均ですが、先物の高値は11月8日の23600円この値段を抜きますと週足チャートで三段上げへ向かうことになります。この動きが今週早々と出るのか?それとも先週はわずかながらも週足で日中足は陰線です。連続陰線となるか?そのあたりの見極めとなります。

株は金利が上昇していることで、リート指数の下落が見えることは先週伝えました。マザーズ指数の行へを横目で見ながら決算が終わった後の個別株の物色がどこに出てくるのか?!しっかりと見ていきましょう~

小型株が動くとすれば大型株よりはるかにスピードが速いです。出だしを捕まえたいものです。

     それでは今週もよろしくお願いします。


このページのトップへ

大引け概況

2019/11/15(金) 15:24

■日経平均      23,303.32(+161.77)

■東証1部出来高    13.65億株

■東証1部売買代金   2.22兆円

■日経平均先物    23,340(+220)

■TOPIX        1,696.67(+12.27)

■騰落        上昇1,711/下落370

■マザーズ指数    853.63(+2.07)

■日経JQ       3,557.57(+11.50)

■ドル円       108.58
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。
 業種別では、ほぼ全ての業種が値上がりしました。値上がり上位は、水産・農林業、パルプ・紙、海運業。一方、値下がりしたのは、石油石炭製品、鉱業のみとなりました。

 TOPIX、マザーズ指数、ジャスダックは反発しました。

■釣り人(原)
日経平均先物は6週目にして日中足で週足チャートは陰線となりました。窓開けの連続が終了したことになります。
さて今週のちょっとした下振れが来週へと続くものなのか、それとも早々と高値更新し上への動きがスタートするのか見ていくことになります。
お疲れ様でした。

このページのトップへ

上海総合指数後場の寄り付き 2,911.44

2019/11/15(金) 14:02

上海総合指数後場の寄り付き 2,911.44 前日比+1.57 +0.05%

このページのトップへ

前引け概況

2019/11/15(金) 11:52

■日経平均      23,305.71(+164.16)

■東証1部出来高    6.94億株

■東証1部売買代金   1.08兆円

■日経平均先物    23,300(+180)

■TOPIX        1,697.83(+13.43)

■騰落        上昇1,762/下落317

■マザーズ指数    852.75(+1.19)

■日経JQ       3,553.90(+7.83)

■ドル円       108.55

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。
 業種別では、ほぼ全ての業種が値上がりしました。値上がり上位は、水産・農林業、パルプ・紙製品、倉庫運輸関連。一方、値下がりしたのは、鉱業、石油石炭製品、のみとなりました。

 TOPIX、マザーズ指数、ジャスダックは反発しました。

■釣り人(原)
堅調なNYダウが中国との貿易協議が合意に向かっているという高官発言で、9時半辺りからさらに急上昇。
しっかりと休憩する週かと思いましたが、前場NYダウ夜間の上昇とともに昨日の高値まで達してきています
それでは後場を見ていきます。

このページのトップへ

上海総合指数の現在の気配は+0.05%

2019/11/15(金) 10:27

上海総合指数 2,911.35 前日比 +1.48 +0.05%

このページのトップへ

30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2019/11/15(金) 09:28



おはようございます。

日本で東京市場へ投資している知人の1人(ファンド運用者)から、何やらGDPの発表から少し日経平均も調整局面に入りそうだと連絡を頂いたが、我々的には調整は別に何ら問題はない。
知人には「逆に丁度良いタイミング」とは言わなかったが
ここからの下げは絶好の買い場到来だと思っているが・・・・(笑)
その理由は長くなるので省略するが大きな理由の1つは。世界的な金融緩和政策が実行されているなか株価は下げることができない。気が緩んだ時に株は下落するものだ。
その時間軸は今ではないまだまだアベノミクス最後のバブルは始まったばかりだ。
さて...

~以下会員ページ~

このページのトップへ

釣り人(原) 本日の相場予測

2019/11/15(金) 08:35

日経平均先物

NYダウ

おはようございます。
日経平均先物の現在の気配は、23150 前日比30円高のところ。

ドル円 108.40 少し円高ではありますが、それほどという値動きではありません。
米国の金利が低下したことにより若干ぶれています。

NYダウ 1ドル安
しっかりとした動きが続いています。

現在のNYダウ夜間-12ドル

ナスダック -3ポイント

日本の長期国債も値段が少し戻しています。戻しているというこちは金利の低下となります。
さて、日経平均先物は6週目ににしてどうやら陰線で終りそうです。押し目形成と言いますか二段上げが終了となります。
来週は三段上げに向うのか?押し目はどの辺りになるのだろうか?
その辺りを見つつ本日の相場をみていきます。

このページのトップへ

本日の予定

2019/11/15(金) 07:54

■国内(15日)
予定はありません。

■海外(15日)
米10月輸出入物価指数(22:30)
米11月ニューヨーク連銀景気指数(22:30)
米10月小売売上高(22:30)
米10月鉱工業生産(23:15)

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります

このページのトップへ