<バランス投資顧問の3つのコース案内>

株式情報 「海と風」

先物情報「日経先物&FX 桃太郎」

先物情報「日経225先物と釣り人」

twitter日経225先物と釣り人

有料会員のご登録

無料情報

バックナンバー

大引け概況

2019/09/20(金) 15:22

■日経平均      22,079.09(+34.64)

■東証1部出来高    14.58億株

■東証1部売買代金   2.77兆円

■日経平均先物    21,910(+40)

■TOPIX        1,616.23(+0.57)

■騰落        上昇1,157/下落886

■マザーズ指数    863.98(+15.69)

■日経JQ       3,369.97(+4.39)

■ドル円       107.84
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。前場は買いが優勢となりました。前日の米国株はまちまちだったものの買い物がちに始まり、アジア株のプラス推移などを支えに上げ幅を拡大。一方で3連休を前に利益を確定する動きもあり、やや伸び悩んで前場取引を終えました。
 後場は様子見ムードが広がるなか、次第に利益確定売りに押される展開になりました。

 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、精密機器、金属製品、その他製品でした。一方、値下がり上位は、鉄鋼、海運業、電気・ガス業となりました。

 TOPIX、マザーズ指数、ジャスダックは続伸しました。

■釣り人(原)
今週の日経平均先物はしっかりした展開で4週連続高となりました。ただ、寄り付きよりも引けが弱いという日足の形を作りながらの上昇であります。変わった動きだなという感覚を持ちます。
来週も引き続き売っていくと思います。仮に大きな相場の出始めだとしても少しくらいは押すでしょう。この思いの継続です。

このページのトップへ

14時の概況

2019/09/20(金) 14:01


■日経平均      22,104.15(+59.70)

■日経平均先物    21,930(+60)

■TOPIX先物      1,601.00(+2.50)

■騰落        上昇1,105/下落916

■日経JQ       3,368.01(+2.43)

■マザーズ指数    865.20(+16.91)

■ドル円       107.83

■NYダウ夜間先物  +7

■上海総合指数後場の寄り付き 3,004.65 前日比+5.37 +0.18%

■指数大型      現値1,507.74  前日比+0.92

■指数中型      現値1,893.39  前日比+2.68

■指数小型      現値2,969.82  前日比+9.43

このページのトップへ

前引け概況

2019/09/20(金) 11:40

■日経平均      22,142.42(+97.97)

■東証1部出来高    5.19億株

■東証1部売買代金   0.94兆円

■日経平均先物    21,980(+110)

■TOPIX        1,620.82(+5.16)

■騰落        上昇1,171/下落863

■マザーズ指数    863.98(+15.69)

■日経JQ       3,367.41(+1.83)

■ドル円       107.94
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。前日の米国株はまちまちだったものの買い物がちに始まり、アジア株のプラス推移などを支えに上げ幅を拡大。一方で3連休を前に利益を確定する動きもあり、やや伸び悩んで前場取引を終えました。

 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、精密機器、医薬品、不動産業でした。一方、値下がり上位は、鉱業、鉄鋼、水産・農林業となりました。

 TOPIX、マザーズ指数、ジャスダックは続伸しました。

■釣り人(原)
どうも週足で4週連続の上げとなりそうです。
寄り付き後の下振れを見まして強気ではないためその下げに追従したのですが一度担がれています。後場を見ていきます。

このページのトップへ

上海総合指数の現在の気配は+0.18%

2019/09/20(金) 10:25

上海総合指数 3,004.81 前日比 +5.53 +0.18%

このページのトップへ

10時の概況

2019/09/20(金) 10:00

■日経平均      22,128.58(+84.13)

■日経平均先物    21,960(+90)

■TOPIX先物      1,604.50(+6.00)

■騰落        上昇1,176/下落826

■日経JQ       3,365.18(-0.40)

■マザーズ指数    860.35(+12.06)

■ドル円       107.95

■NYダウ夜間先物  +13

■指数大型      現値1,511.97  前日比+5.15

■指数中型      現値1,896.01  前日比+5.30

■指数小型      現値2,968.93  前日比+8.54

このページのトップへ

30億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2019/09/20(金) 09:17

おはようございます。

日本株も久しぶりに少し活気が戻ってきたかな?
少し売買代金が増えてきているように見えるぞ!
ここまでは売り方の買い戻しからと外国人投資家の買いで日経平均は急上昇した。
そして売り方は買い戻す暇を与えられずに上値にてもみ合い。売り方からすれば気が休まらない日々を過ごしていることだろう。
我々が想定できることとしては、現状日経平均だけの話をしているのでなくマーケットの資金の流れを考えると指数は余程の事がない限り深い調整はない。
我々は聞いている。このマーケットの世界に携わる中で、周り(ヘッジファンド筋)の動向を分析すると株式市場に資金が戻ろうとしている。
極端な言い方すれば株式投資の入口となりそうだ。
ここからレコードを作る時間軸が始まろうとしている。
何を意味するかはまた丸山くんに伝えておく。
皆が想定していないバブルが相場が始まろうとしている。

最後に。
この便りを読まれている方へ。
まだまだ始まったばかりなのだ。ここから2020年に向けて強気で!
焦る必要はないが、時間軸はあるぞ!
少し焦りながら(笑)

ではまた来週。


本日の先物レンジ
特に下がる理由はない。
空売り筋が支えるだろう。
売り方はまた金利を払う。
「逆日歩もちりも積もれば山となる」。

このページのトップへ

釣り人(原) 本日の相場予測

2019/09/20(金) 08:38

日経平均先物

NYダウ

おはようございます。
日経平均先物の現在の気配は21950、前日比80円高のところです。

ドル円 108.01
ここ数日間108円を挟んだ動き。

NYダウ 52ドル安
高寄り後失速。

ナスダック 5ポイント高

3連休を控えた金曜日です。静かな動きになりそうですが、その辺りを確かめながら解説していきます。
FOMCや日銀金融政策決定会合が終わり来週はどんな動きになるのか。

世界の主要株価指数の上昇率はロシアに次いで日本がダントツの2位。米国もよく上がっていますがその2倍以上上昇している9月であるということ。
もうひとつは裁定取引の買い残高が2568億円。先週の急伸に対して買残が減っているのは不思議だなと思っております。

現在のNYダウ夜間は+23ドルで堅調。
昨日の日中足でのザラバ高値22100円は抜かないだろうという意識のもと売買を入れていきます。

このページのトップへ

本日の予定

2019/09/20(金) 08:14

■国内(20日)
8月消費者物価指数(8:30)

《決算発表》
サツドラHD

■海外(20日)
予定はありません。

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)

このページのトップへ

大引け概況

2019/09/19(木) 15:25

■日経平均      22,044.45(+83.74)

■東証1部出来高    13.33億株

■東証1部売買代金   2.36兆円

■日経平均先物    21,870(+70)

■TOPIX        1,615.66(+9.04)

■騰落        上昇1,752/下落337

■マザーズ指数    848.29(+3.07)

■日経JQ       3,365.58(+12.37)

■ドル円       107.92
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。前場は買いが優勢となりました。FOMCで市場予想通り0.25%の利下げが発表され、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長が会見で利下げ継続の可能性を排除しなかったことが好感され前日のNYダウは上昇。これに加え円安ドル高進行を支援材料に買いが先行しましたが、朝方よりも円が強含み中国株が下げに転じるとやや伸び悩む展開となりました。
 後場は上げ幅を縮小してスタート。日銀の金融政策決定会合で金融政策の現状維持が決定し、為替が円高ドル安方向へ進みその後の戻りは限定的。そのまま小高い水準で本日の取引を終えました。

 業種別では、ほぼ全ての業種が値上がりしました。値上がり上位は、繊維製品、サービス業、電気・ガス業。一方、値下がりしたのは、輸送用機器、鉄鋼、機械のみとなりました。

 TOPIX、マザーズ指数は反発、ジャスダックは続伸しました。

■釣り人(原)
本日の日経平均先物はかなり乱高下しました。終値の21870円は本日の高値22100円から見ますと230円も下であります。つまりそれだけ上ヒゲが長かったということであります。
果たして明日以降本日の高値を抜くことがあるでしょうか?そんなことを考えながらもしばらく売りで入っていきます。
現在のNYダウ夜間は-72ドル。イブニングを見ていきます。

このページのトップへ

14時の概況

2019/09/19(木) 14:00

■日経平均      22,066.72(+106.01)

■日経平均先物    21,890(+90)

■TOPIX先物      1,601.00(+9.50)

■騰落        上昇1,687/下落383

■日経JQ       3,364.07(+10.86)

■マザーズ指数    848.48(+3.26)

■ドル円       107.88

■NYダウ夜間先物  -69

■上海総合指数後場の寄り付き 2,986.26 前日比+0.60 +0.02%

■指数大型      現値1,508.15  前日比+6.26

■指数中型      現値1,891.43  前日比+15.27

■指数小型      現値2,954.90  前日比+32.06

このページのトップへ

日銀、大規模緩和維持

2019/09/19(木) 12:09

日銀は19日の金融政策決定会合で、短期金利をマイナス0.1%、長期金利をゼロ%程度に誘導する金融緩和策(長短金利操作)の現状維持を決めた。

このページのトップへ

前引け概況

2019/09/19(木) 11:41

■日経平均      22,183.53(+222.82)

■東証1部出来高    6.14億株

■東証1部売買代金   1.04兆円

■日経平均先物    22,020(+220)

■TOPIX        1,623.50(+16.88)

■騰落        上昇1,826/下落233

■マザーズ指数    851.12(+5.90)

■日経JQ       3,364.85(+11.64)

■ドル円       108.14

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。注目されたFOMCでは市場予想通り0.25%の利下げが発表され、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の会見で利下げ継続の可能性を排除しなかったことが好感され前日のNYダウは上昇。
これに加え円安ドル高進行が支援材料となり買いが優勢となりましたが、朝方よりも円が強含み中国株の下げに転じるとやや伸び悩む展開となりました。

 業種別では、全ての業種が値上がりしました。値上がり上位は、電気・ガス業、証券商品先物、繊維製品となりました。

 TOPIX、マザーズ指数は反発、ジャスダックは続伸しました。

■釣り人(原)
極めて悪材料に鈍感で、ちょっとした好材料に敏感な市場となっています。どこまで続くのやらと思うところであります。

このページのトップへ

上海総合指数の現在の気配は+0.24%

2019/09/19(木) 10:25

上海総合指数 2,992.92 前日比 +7.26 +0.24%

このページのトップへ

10時の概況

2019/09/19(木) 10:00

■日経平均      22,217.02(+256.31)

■日経平均先物    22,050(+250)

■TOPIX先物      1,609.00(+17.50)

■騰落        上昇1,830/下落228

■日経JQ       3,364.34(+11.13)

■マザーズ指数    852.73(+7.51)

■ドル円       108.31

■NYダウ夜間先物  -3

■指数大型      現値1,516.17  前日比+14.28

■指数中型      現値1,899.05  前日比+22.89

■指数小型      現値2,960.81  前日比+37.97

このページのトップへ

30億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2019/09/19(木) 09:29

おはようございます。

我々は日経平均もここからまだまだ上昇していくと考えています。
苗を植えたからには花を咲かせないと実はできない。
肥料を与え水を与えようやく良い土の植えにしっかり根をはることできたようだ。
これで先ずは花が咲くのを待つことになる。

さて、今朝は我が社のボスが保有していた日本株リストで...


~ 中文 会員ページ ~


本日の先物レンジ
下がるシナリオが描けない。
ただそれだけだ。

このページのトップへ

釣り人(原) 本日の相場予測

2019/09/19(木) 08:34

日経平均先物

NYダウ

おはようございます。
日経平均先物の現在の気配は21920、前日比120円高のところです。

ドル円 108.40
ほぼ予想通りの0.25%の利下げ。ただ昨晩はドル円は円安へ振れました。

NYダウ 36ドル高
利下げ発表後210ドルほど安い場面がありましたが、更なる利下げ継続もあり得るというパウエル議長発言内容で大きく切り返し終わっております。

ナスダック 8ポイント安

昨日一服となりましたが即座に戻り高値を付けてきています。下振れがなく上昇していくのかその辺りを見ていく本日であります。現在のNYダウ夜間は-14ドル。

このページのトップへ

本日の予定

2019/09/19(木) 08:16

■国内(19日)
黒田日銀総裁会見
7月全産業活動指数(13:30)

■海外(19日)
米4-6月期経常収支(21:30)
米9月フィラデルフィア連銀景況感指数(21:30)
米8月景気先行指数(23:00)
米8月中古住宅販売(23:00)

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)

このページのトップへ

大引け概況

2019/09/18(水) 15:18

■日経平均      21,960.71(-40.61)

■東証1部出来高    12.21億株

■東証1部売買代金   2.23兆円

■日経平均先物    21,800(-10)

■TOPIX        1,606.62(-7.96)

■騰落        上昇602/下落1,466

■マザーズ指数    845.22(-4.46)

■日経JQ       3,353.21(+1.22)

■ドル円       108.21
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。前場は前日の米株高を好感した買いが入る一方、日経平均の連日の上昇による短期的な過熱感が意識され方向感の定まらない動きに。米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を見極めたいとの思惑もあり小幅な動きに終始しました。
 後場は売り物がちに始まり小幅安で推移。上値の重さが目立ち、大引けにかけても目立つ動きは見られませんでした。

 業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は、鉱業、石油石炭製品、鉄鋼でした。一方、値上がり上位は、電気・ガス業、海運業、サービス業となりました。

 TOPIX、マザーズ指数は反落、ジャスダックは続伸しました。

■釣り人(原)
日経平均は40円安。TOPIXも小幅ですがマイナス。連騰記録が途切れました。
今晩のFOMCでNYダウがどのように変化するのか、そして明日の日本市場がどのような動きになるのかイブニングを見ていきます。

このページのトップへ

14時の概況

2019/09/18(水) 14:00

■日経平均      21,968.53(-32.79)

■日経平均先物    21,790(-20)

■TOPIX先物      1,589.50(-7.50)

■騰落        上昇523/下落1,551

■日経JQ       3,354.08(+2.09)

■マザーズ指数    844.23(-5.45)

■ドル円       108.19

■NYダウ夜間先物  -43

■上海総合指数後場の寄り付き 2,990.78 前日比+12.66 +0.43%

■指数大型      現値1,501.12  前日比-8.51

■指数中型      現値1,874.71  前日比-9.90

■指数小型      現値2,918.55  前日比-19.46

このページのトップへ

前引け概況

2019/09/18(水) 11:42

■日経平均      22,012.72(+11.40)

■東証1部出来高    5.58億株

■東証1部売買代金   1.02兆円

■日経平均先物    21,860(+50)

■TOPIX        1,608.08(-6.50)

■騰落        上昇623/下落1,427

■マザーズ指数    849.47(-0.21)

■日経JQ       3,358.34(+6.35)

■ドル円       108.22
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。前日の米株高を好感した買いが入る一方、日経平均の連日の上昇による短期的な過熱感が意識され方向感の定まらない動きに。米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を見極めたいとの思惑もあり小幅な動きに終始しました。

 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、鉱業、石油石炭製品、鉄鋼でした。一方、値上がり上位は、海運業、化学、その他製品となりました。

 TOPIX、マザーズ指数は反落、ジャスダックは続伸しました。

■釣り人(原)
相変わらずしっかりしております。TOPIX先物はマイナスのまま終わり、個別株にはやれやれ売りが出ている状況であります。
NYダウ夜間は-24ドル、上海は本日は小動き。
裁定取引の買残はわずか3720億と枯れている状況でありました。逆に売残は2兆666億とこちらは大量にあったということ。それによる巻き戻しが先週行われたわけですが、この残高の変化がたしか夕方に発表されると思います。
それでは後場を見てみます。

このページのトップへ

上海総合指数の現在の気配は+0.20%

2019/09/18(水) 10:25

上海総合指数 2,984.08 前日比 +5.96 +0.20%

このページのトップへ

10時の概況

2019/09/18(水) 10:00

■日経平均      21,995.02(-6.30)

■日経平均先物    21,830(+20)

■TOPIX先物      1,592.50(-4.50)

■騰落        上昇721/下落1,299

■日経JQ       3,365.28(+13.29)

■マザーズ指数    854.64(+4.96)

■ドル円       108.18

■NYダウ夜間先物  -24

■指数大型      現値1,503.80  前日比-5.83

■指数中型      現値1,878.33  前日比-6.28

■指数小型      現値2,932.64  前日比-5.37

このページのトップへ

30億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2019/09/18(水) 09:05

おはようございます。

中東情勢による地政学的リスク!これは現段階でマーケットに及ぼす影響は軽微だと思われる。
日経平均も22000円を微妙に回復したようだが、ここまではまだまだ想定内。
驚く必要は一切ない。
短期的に急上昇したからとマーケット関係者は警戒するだろうが、我々からすれば調整幅は浅いと想定している。
売り方は調整を待っていることによりこの水準で売り増していることだろう。
しかし、押しが浅いから予想とは違う展開になってしまうだろう。
安易に空売りはするな!売っても短期。
深追い、我慢は禁物だ。
さて、今朝は日本株に精通している友人から...


~ 中文 会員ページ ~


本日の先物レンジ
過熱感を感じるだろうが、8月まではを考えてみてくれ。
過熱感なくしても弱含みだった。
その真逆の現象が起こることだろう。
恐らく売り方はまだまだ踏み切れてない。それどころか売り増しを入れて下がるのを待っていることだろう。

このページのトップへ

8月の貿易収支、貿易赤字1363億円 赤字は2ヵ月連続

2019/09/18(水) 08:56

財務省が18日発表した8月の貿易収支は1363億円の赤字となった。
貿易赤字は2ヵ月連続。

このページのトップへ

釣り人(原) 本日の相場予測

2019/09/18(水) 08:29

日経平均先物

NYダウ

おはようございます。
日経平均先物の現在の気配は21860、前日比50円高のところです。

ドル円 108.10
日銀金融政策決定会合や米国FOMCの結果発表を控え静かな動きになっています。

NYダウ 33ドル高
昨晩日本時間の夜、原油価格が大幅に低下した為切り返す動きになっています。

ナスダック 32ポイント高

しかし日経平均は押しません。新聞でもかなり過熱感があるということを移動平均線を用いて書かれていますが、私も不思議に思っています。
例えば昨日上海指数は場中大幅下落となりました。その時NYダウ夜間も40ドル近く安くなったりしたのですがビクともしない値動きが続いています。

イブニングにおいて810円で利確となっています。+25
しかし800円を超えて切り返すとは予想外でした。本日も売っていきます。

このページのトップへ

本日の予定

2019/09/18(水) 08:09

■国内(18日)
日銀金融政策決定会合(~9/19)
8月貿易収支(8:50)
8月訪日外客数 (16:00)
20年国債入札

■海外(18日)
パウエルFRB議長会見
米8月住宅着工件数(21:30)

《米決算発表》
ゼネラル・ミルズ

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)

このページのトップへ